FC2ブログ

dff_jp クリック募金


Blog translation.(ブログ翻訳)


カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Moon Phases

CURRENT MOON


カテゴリー


最近の記事


プロフィール

T×2

Author:T×2
諸魚無常(誤字にあらず)IN FC2へ、ようこそ♪
表示されてるキャラは、『皆集萌え』にいた頃のメディン
『シズお嬢様』です♪
(現在は、当ブログの看板娘、という設定にしております)
当ブログはリンクフリーですので、お気軽にどうぞ~。


最近のコメント


三賢者物語 物語前夜ガイド DLsiteアフィリンク

三賢者物語 物語前夜ガイド


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター


忍者カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


■ ブログ名:◆ あめ のち ゆき  ◆

■ ブログ名:甘味処時之茶庵

■ ブログ名:あさみやの落書き部屋

■ ブログ名:たなぎねこ

■ ブログ名:Aiuto!の穴

■ ブログ名:~ケルズの書~

■ ブログ名:チハノヂ有リ。

■ ブログ名:CLT日記

■ ブログ名:とどのつまりはマイペース

■ ブログ名:Lucy game [一般人のゲーム日記]

■ ブログ名:ハナアノレキ

■ ブログ名:還壌祈請-キジョウキセイ-

■ ブログ名:私の好きなこと♪

■ ブログ名:Magical×Little不定期日誌

■ ブログ名:Magical-Magnetic Studio

■ ブログ名:音楽を肴に一日一枚生活

■ ブログ名:アタルヴァ・ヴェーダ

■ ブログ名:絵日記(?)っぽい雑記

■ ブログ名:A*ttic

表現規制反対!ブログパーツ


にほんブログ村バナー


以前、Vectorさんに、4-3で対潜装備ガン積みで
駆逐艦のレベル上げが…と聞いてたので
4-3でぽいぽいちゃんを改二にすべく
レベル上げに励んで、とうとう改二になりました。

いや~、ぽいぽいちゃん可愛く美しくかっこよくなりましたね。

火力は、駆逐艦娘最強なようなので
次のイベントで、駆逐艦必須マップがあれば
活躍してくれることでしょう。
(それまでに、近代化改修しておかなければ)

後は、響ちゃんや時雨ちゃんを改二にしなければならないのですが
特に、響ちゃんは、70なので
レベル上げがかなりしんどそうです(苦笑)

嫁予定の叢雲ちゃんも、レベル上げしたいんですけど
資源事情もありなかなか…。

武蔵と長門がレベル86なので
このままいけば、ケッコンカッカカリする前にレベルがカンストする艦娘が
現れるやもしれませんね…むむむ。

ちなみに、秋イベントで、強い駆逐艦娘不足に陥ったので
ぜかましちゃんを、もう一人育てることにしました。

ぽいぽいちゃんと合わせて、駆逐艦娘の主力になってくれるでしょう…。


あと、開発では、流星が一機手に入りました。
まあ、ほしいのは、流星改のほうですが
ウチの艦隊は、まだまだ強化の必要がありますから
いい艦載機は、いくらあっても足りませんな。

逆に、アイテム枠はいつもいっぱいで、ひぃひぃいいながら
毎日、無駄に廃棄を繰り返してます。

そうそう、前からやろうと思ってましたが
ぽいぽいちゃんが改二になったのにあわせて、改修できたぽいぽい砲を一つ付けて
ぽいぽい砲×2になりました。

火力的には、いい感じになってる気がします。
(対空では、10cm連装高角砲に劣りますが)


と、まあ、こんな感じ。



以上、【艦これ日記 ~ぽいぽいちゃんが改二になったぽい!~ {2014/12/09}】でした!

続きを読む »

テーマ : 艦隊これくしょん~艦これ~ - ジャンル : オンラインゲーム

tag : 艦これ 艦隊これくしょん

瑞鶴ちゃんが、改になりました。

中破した姿を登録できませんでしたが
大丈夫でしょう、多分(爆)

一度出ると、出やすくなるというのは確かなようで
熊野狙いで回してたら、また、陸奥ちゃんが出てきました。

今までの苦労は一体…(苦笑)

2-5も、熊野を狙うついでに勲章も獲得しようとしましたが
熊野は出ませんでした、orz

なんどか、大破撤退と、あと司令官レベルが上がったせいか
ボスからそれるという体験をしまして、しょうがないんで
更に、電探をつけて、なんとかクリアしました。

2-5は、戦艦×4正規空母×2の編成でやってますから
かなりの資源を消費しました。
(大型建造が一回できるレベル)

まあ、勲章がゲットできただけでもよしとしときます。

と、こんな感じです。


以上、艦これ日記 {2014/12/09付}】でした♪

続きを読む »

テーマ : 艦隊これくしょん~艦これ~ - ジャンル : オンラインゲーム

tag : 艦これ 艦隊これくしょん

Hi☆sCoool!セハガールの八話を見逃して
見る気が萎えてしまったので、どうしよう~なんて
思ってるT×2です(爆)

後半の一挙放送もやってほしいものですね。

では、アニメ感想をば。


旦那が何を言っているかわからない件(第十話)】

なんか、旦那のお母さんってヤンデレ? とか思うレベルの
突き抜けちゃってる人でしたね~。

子供は? という問いに、まともに答えられない
二人。

まあ、若くして結婚したてなのか
そこら辺の実感はないご様子。

途中までいい話かと思いきや
最後の最後で、ないわーという結論に達する辺りが
このアニメ(原作・漫画)の個性なんだろうな~と思ったり。

旦那がロリコンでもいいじゃないか、人間だもの…(相田みつお風w)

自分はロリコンの気はあんまりないけど
同じオタクなんで擁護しますわ(爆)

YESロリコン! NOタッチ!(by トラウマ量子結晶)



テラフォーマーズ 第十一話】

とあるボクサーの話。

なかなか、味のある話でした。

まあ、確かに地味な面もあるけど
決めるところは決めてくれるいい男でしたね~。

そういや、飛んでるお姉さん、あわや囚われの身かと思いきや
仲間の救出が間に合って、何よりでした。

彼女もいい女っぽいので生き延びてほしいですが
果たして、何人生きて帰れるのでしょうね…。

まあ、でも、個人的には個別のストーリーもいいが
人類 VS ゴキブリの総力戦が早くみたいな~なんて思ったり。



Fate/staynight [UnlimitedBladeWorks] -第十話(第九話?)-】

ちょっと遅れただけなのに、マスターに怒られまくる
アーチャーがちょっと可哀想な回(爆)

原作だと、士郎に切りつけた後の話だった気がするので
アーチャーの印象が悪くなってた為、いい気味と思う節もあった気が。

それから、何年も立つと印象が変わって
凛に自宅待機を命じられたのに、怒られるのは
理不尽かな~なんて。

でも、一応、凛もアーチャーの様子がおかしいから
無理に、怒ってる気もしますね~。

場面は、変わって、龍堂寺の犯人探しに
一成が疑われるシーン。

この二人、地味に仲が悪いですからね~。
凛が疑いやすい相手ではありますな。

あんまりに、問い詰めるもので
士郎が折れて、一成のマスターの証を
探すため、裸にむくことに。

ボーイズラブな展開に…なるわけありませんな(爆)

一成君は、その気がありそうですけど
士郎君は、好みで言えば普通にノーマルですから。

ふんどし坊主フェスティバル!(ステマw

ちなみに、原作だと、選択肢間違えると
キャスターに操られた一成に、士郎が殺された上で
一成は、自害するという、非常にブラックで後味の悪いBAD ENDを迎えることになります。


場面が前後しますが、ワカメちゃん
ライダーのこと、酷く言い過ぎですけど
まあ、あれがワカメの持ち味ですな(笑)

そんなワカメに、よりにもよって、とんでもないサーヴァントを
あてがうマーボー神父。
(なんで麻婆なのかは、本編をプレイしてね! てへぺろっ☆)

ここで、ワカメが龍堂寺に向かってれば
あんなことにはならなかったかもしれなのに…(意味深)


その日の夕方、凛を探してたら
桜の家の近くで、不振な行動。

士郎君の胸が当たってる! という言葉も
聞こえないほどの、熱中ぶり(爆)

あててんのよ!(というわけではないw)

養子に貰われた子がどう思うか? について
真っ当な答えをする士郎君。

ここ、何気に、重要な伏線です。

まあ、ライダーの活躍含めて
桜ルートをプレイするか、劇場版桜ルートに
乞うご期待!(笑)

正義の味方になぜ成りたいかとセイバーに問われて
返事ができなかった士郎君。

まあ、ある意味、願いという名の呪いにかかってますからね。

凛ルートでは、士郎君は、自分自身と向き合うことが
多くなっていきます。

来週は、前作、スタジオディーン版では蛇が再現されてなかったのですけど
今度こそ、「蛇」の不可思議な軌道を再現してくれると信じて
待ちたいところですね!



以上、アニメ感想 ネタバレ注意! {2014/12/09付}】でした♪

続きを読む »

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ 旦那が何を言っているかわからない件 テラフォーマーズ Fate/staynight UnlimitedBladeWorks

 | ホーム |