FC2ブログ

dff_jp クリック募金


Blog translation.(ブログ翻訳)


カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Moon Phases

CURRENT MOON


カテゴリー


最近の記事


プロフィール

T×2

Author:T×2
諸魚無常(誤字にあらず)IN FC2へ、ようこそ♪
表示されてるキャラは、『皆集萌え』にいた頃のメディン
『シズお嬢様』です♪
(現在は、当ブログの看板娘、という設定にしております)
当ブログはリンクフリーですので、お気軽にどうぞ~。


最近のコメント


三賢者物語 物語前夜ガイド DLsiteアフィリンク

三賢者物語 物語前夜ガイド


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター


忍者カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


■ ブログ名:◆ あめ のち ゆき  ◆

■ ブログ名:甘味処時之茶庵

■ ブログ名:あさみやの落書き部屋

■ ブログ名:たなぎねこ

■ ブログ名:Aiuto!の穴

■ ブログ名:~ケルズの書~

■ ブログ名:チハノヂ有リ。

■ ブログ名:CLT日記

■ ブログ名:とどのつまりはマイペース

■ ブログ名:Lucy game [一般人のゲーム日記]

■ ブログ名:ハナアノレキ

■ ブログ名:還壌祈請-キジョウキセイ-

■ ブログ名:私の好きなこと♪

■ ブログ名:Magical×Little不定期日誌

■ ブログ名:Magical-Magnetic Studio

■ ブログ名:音楽を肴に一日一枚生活

■ ブログ名:アタルヴァ・ヴェーダ

■ ブログ名:絵日記(?)っぽい雑記

■ ブログ名:A*ttic

表現規制反対!ブログパーツ


にほんブログ村バナー


{注:ゼロの使い魔を含めた幾つかの作品の
 ネタバレが含まれる可能性があります}

現在、出てる、本編十巻の中では
七巻が、一番、好きな感じだったり。

特に、後半の、才人君が大軍目指して
突っ込んで行くシーンは、ほんと、胸が熱くなる思いでした。

もっとも、シエスタ、ルイズ共に
萌えるシーンもあるので、バランス(?)が
とれてる感じです。

では、恒例の好きなシーンを、いくつかピックアップ。

{「きょきょきょ、きょ、今日はあなたがご主人さまにゃんッ!」}

・・・さすが、伝説の使い手。
台詞の威力も、伝・説、です(爆)

デルフリンガーに、そそのかされて、黒ネコの衣装を
着て、この台詞。

しかも、才人君に、言ったと思ったら
シエスタに、言ってしまったようで・・・。
(まあ、一応、才人君も後から来てますが)

言葉は、相手を、よく見て伝えましょう!(超爆)

「サイトさんが可哀相で。違う世界からつれてこられて、それでも
 
 文句言わずに頑張ってるのに。道具なんてひどい。そんなのひどい。
 
 わ、わたしの大事な人・・・・・・、道具だなんて・・・・・・」


ルイズ嬢と違って、シエスタは、本当に真っ直ぐです。
思わず、ぐっとくるモノがあります。

多分、ルイズとシエスタを足して、二で割ると
普通の女の子になるんじゃないでしょうか(お

ルイズ嬢が、これほど素直なら、物語は
早々に、ハッピーエンドで、終わりかねません(爆)

でも、才人君と同様、ルイズ嬢により強く惹かれるのは
ツンデレだからなのでしょうか?(超爆)

「どうして行くんだ? はっきり言うが、君は確実に
 
 死ぬよ。名誉のために死ぬ、そんなのはバカらしいんじゃ
 
 なかったか?」



才人はちょっと考えていたが・・・・・・、やれやれと眉をひそめて首を振った。


「言っちまったからなあ」

「なにを?」

「好きだって、言っちまった」

「あっはっは! ぼくたちロマリア人のような男だね、きみは!」

「いや、好きな女のためというよりは自分のためのような気がする」

「よければその意味を教えてくれ」

「ここで行かなかったら、好きって言ったその言葉が嘘になるような
 
 気がするんだよ。 自分の言葉が嘘になるのはゆるせない。
 
 自分の気持ちが、嘘になるのはたまらない」



普段、女の子にデレデレしながらも、基本的に
ルイズ嬢一筋なんですよね、才人君は。

凄く、真っ直ぐで、自分に正直な所が
自分が、彼を(才人というキャラを)気に入ってる所です。

この台詞は、彼の性格を、良く表してると思ってます。

なんか、今まで、読んだ作品の中では
ベスト5に入るぐらい、個人的には、気に入ってる男性キャラです。

実は、この後の、大軍に突っ込む前の
デルフリンガーとのやり取りが、一番のお気に入りシーンですが
ここは、あえて、書かずに
本編をお楽しみに、としておきます(笑)

以上、ゼロの使い魔 七巻感想でした♪

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

 

コメント

カズです。
こちらでは初でしたよね?
宜しくお願いします。
ウチの記事にコメントいただきありがとうございます。
みつど同様さらに下にコメントを書いてたりするので見に来てください。
ゼロ魔、作品に対する「愛」が感じられますですw
ちょくちょくお邪魔させていただきますです。

ようこそ、当FC2ブログへ♪

カズさん、こちらこそ、よろしくお願い
します(ペコリ)

お互い、FC2ブログでは、初めてのコメント
に、なりましたね♪

ゼロの使い魔は、大好きな作品の一つ
ですので、熱が入ります(爆)

自分も、また、お邪魔させて頂きますね♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 

 | ホーム |