FC2ブログ

dff_jp クリック募金


Blog translation.(ブログ翻訳)


カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Moon Phases

CURRENT MOON


カテゴリー


最近の記事


プロフィール

T×2

Author:T×2
諸魚無常(誤字にあらず)IN FC2へ、ようこそ♪
表示されてるキャラは、『皆集萌え』にいた頃のメディン
『シズお嬢様』です♪
(現在は、当ブログの看板娘、という設定にしております)
当ブログはリンクフリーですので、お気軽にどうぞ~。


最近のコメント


三賢者物語 物語前夜ガイド DLsiteアフィリンク

三賢者物語 物語前夜ガイド


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター


忍者カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


■ ブログ名:◆ あめ のち ゆき  ◆

■ ブログ名:甘味処時之茶庵

■ ブログ名:あさみやの落書き部屋

■ ブログ名:たなぎねこ

■ ブログ名:Aiuto!の穴

■ ブログ名:~ケルズの書~

■ ブログ名:チハノヂ有リ。

■ ブログ名:CLT日記

■ ブログ名:とどのつまりはマイペース

■ ブログ名:Lucy game [一般人のゲーム日記]

■ ブログ名:ハナアノレキ

■ ブログ名:還壌祈請-キジョウキセイ-

■ ブログ名:私の好きなこと♪

■ ブログ名:Magical×Little不定期日誌

■ ブログ名:Magical-Magnetic Studio

■ ブログ名:音楽を肴に一日一枚生活

■ ブログ名:アタルヴァ・ヴェーダ

■ ブログ名:絵日記(?)っぽい雑記

■ ブログ名:A*ttic

表現規制反対!ブログパーツ


にほんブログ村バナー


ああ何てことだ、その女の子は、悪い魔法使いの力は信じるのに、

泥棒の力は信じようとしなかった。

少女が信じるなら泥棒は、空を飛ぶ事だって、湖の水を飲みほす事だってできるのに


(『ルパン三世 カリオストロの城』より)


え~、初めに書いておきますが、正直
ルパン三世VS名探偵コナン』には、あまり期待してませんでした(爆)

どっちも、昔、好きだった作品でしたが
最近の『ルパン三世』は、なんかイマイチだな~と思ってたし
名探偵コナン』は、あまりにも長く続き過ぎて
途中で読む気がなくなってましたから。

だから、この記事を書かせてくれた、この素敵な作品に
お詫び賛辞を送りたいと思います。


正直、期待してませんでした、すみません。

でも、凄く面白くて、楽しい時間を過ごさせて頂き
両作品の作者、並びに、制作スタッフに心より
ありがとう、と伝えさせて頂きます。



上記に書いた通り、最近はまったくと言っていいほど見てませんでしたし
今日も、ああ、そう言えばそんな作品あったっけ~見とくか、な~んて
思ってました(苦笑)

でも、前半はベタな展開だな~と思いつつ、ニヤニヤしながら見てましたし
後半は、ワクワクしながら、テレビに釘付けでした(笑)

ルパンもコナンも、実によくそのキャラらしさが生きてて
コラボしたことによって、むしろ、両作品のキャラの魅力が
増した気がしましたね~。

でも、さすがに、原作全て読む気にはなれません(超爆)
どっちも、かなりの量ですしね~(劇場版、ロードショー版含め)

ただ、苦言って訳じゃあ~ないんですけど
『VS』ではなかったな~と(笑)

いえ、良い意味で予想を裏切る展開は、なかなか
楽しめたんですけどね~♪

実のところ、現在までにアニメ・漫画・ゲーム等、多くの作品が世に出ており
ネタも出尽くした感があるが故、これからの時代はコラボ作品
もっとも『可能性』があると思ってます。

自分が、同人で、涼宮ハルヒ&Fateのコラボ作品を書いた時も
コラボ作品の良さを少しでも伝えられたらな~なんて想いが
あったような記憶があります。


今回の作品に限らず、あらゆる垣根を越えて、様々な作品がコラボされ
素敵な作品が、世に送り出されることを、一ファンとして願っております。


以上、ルパン三世VS名探偵コナン感想(2009/03/27付)』でした♪


【追伸】

今回の名言は、自分の好きな作品ルパン三世 カリオストロの城』から
選んでみました。

もっとも、有名なのは、『~あなたの心です』だと思うんですけど
なんとなく、上記の言葉に、がある感じが気に入ったので
選んでみました。 【追記】
本文を修正&追記しました。
(2009/03/28付)

この記事に拍手クリックを頂きました♪
拍手クリック、どうも、ありがとうございます!
(2009/03/28付)

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

tag : ルパン三世VS名探偵コナン ルパン三世 名探偵コナン 涼宮ハルヒ&Fate

 

コメント

ううう、見逃したのですよ(´;ω;`)ブワッ
ルパン大好きなのに!

カリオストロの城は良いですよねー。
何度みても素晴らしい作品だと思います。
3回ぐらいなら連続で観れますwww
ルパンって本当は紳士で格好良いのに明るさやユーモアでそれを覆ってるのが魅力なんだと思ってます。

Ayumuさん、ご訪問&コメントありがとうございます。

Ayumuさん、こんばんは(ぺこり)
見逃されたようで、ご愁傷様です。

記事でも書いてましたが、あまり期待してなかったので
多分、見逃しても、まあしょうがないか~ぐらいにしか
思わなかったでしょうね、自分の場合。

でも、運良く見ることができて良かったです♪
(再放送とかなんかで、見れるといいですが)

>カリオストロの城は良いですよねー。
ルパン三世シリーズの中では、かなり有名な作品だと思いますし
評価も高いですから、知ってる人は結構いるんじゃあないかと思います。

自分も名作に相応しい素晴らしいストーリーと
アニメーション技術が駆使された、傑作だと思っておりますし。

>ルパンって本当は紳士で格好良いのに明るさやユーモアでそれを覆ってるのが魅力なんだと思ってます。
『能ある鷹は爪を隠す』を地でいく漢(おとこ)ですよね~(笑)

泥棒のくせに、どっちかというと正義の味方っぽいですし(爆)
いわゆる『義賊』や『義侠』に通じるモノがありますよね。

法を守ることは大事だけど、それ以上に大事な何かが、世の中にはあるんじゃないか?と
思わされる好人物だと思います。

自分も正直、今回のは期待してなかったんですが、良い意味で裏切ってくれました。

コラボすることで互いの世界観が壊れたりとか心配したんですが、互いに互いのキャラの魅力を引き出してましたね~

愁さん、ご訪問&コメントありがとうございます。

愁さん、こんばんは(ぺこり)

>良い意味で裏切ってくれました。
アルセーヌ・ルパン対シャーロック・ホームズみたいな感じかと
思いきや、うん、良い意味で予想を裏切ってくれましたね。

まあ、それでも、人それぞれ
『ルパン』や『コナン』に対するイメージは
違うと思うので、万人に受ける訳ではないかもしれませんが
『ルパン三世 カリオストロの城』が好きな人なら
楽しめる展開だったのではないでしょうか。
(もっとも、名探偵コナンの登場キャラは、ほぼそのままだったと
個人的には思いましたが)

久しぶりに良い作品を見させて頂き、良い刺激を受けました。

懐かしくなって、『ルパン三世 カリオストロの城』を
取り寄せちゃいましたよ(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

VSといいつつ戦わないのは、アニメVSもののお約束ですねw

その風習に業を煮やした長谷川裕一先生は、
「本当に戦う」マジンガーZ VS ゲッターロボの漫画を描かれてましたw

夢の対決となると、やはり『ガンダムVSエヴァンゲリオン』とか・・・
いやしょっちゅうゲームで対決してるし見る必要ないか。

バトル要素のないものの方が新鮮味ありそうな感じです。
となると、『ドラえもんVSサザエさん』かッ!

いや、異色の組み合わせの方がいいか。
『ドラゴンボールVSサザエさん』
これなら同じ局だしありそう。そして見たい!

管理人のみ閲覧さん、ご訪問&コメントありがとうございます。

管理人のみ閲覧さん、こんばんは(ぺこり)
今回は、ご質問して下さり、ありがとうございます。

説明不足で、お手間を取らせてしまい申し訳ありませんでした。

UP方法ですが、基本、前回のサークルカット募集の時と同じで
WIKI上に掲載して頂く形になります。

WIKIのマニュアルに目を通し、御自身でUPして頂くか
どうしても、アップ方法がわからない場合は、自分(T×2)に
お申し付け頂く形になります。

自分にお任せして頂く場合は、こちらのメールアドレスに
添付ファイル付き(今回のイラスト等)のメールを送って頂ければ
こちらで、WIKI上にアップさせて頂く形になると思います。

なお、自分(T×2)のメアドをご存じでない場合は
当ブログのメールフォームより、まずご連絡頂いた上で
再度、添付メールを送って頂く形になります。

お手数をおかけしますが、どうぞ、ご協力の程を
よろしくお願い申し上げます。

新井戸ヒカルさん、ご訪問&コメントありがとうございます。

新井戸ヒカルさん、こんばんは(ぺこり)

>アニメVSもののお約束ですねw
え~、そうだったんですか~orz

素で知らなかった気がします。

>「本当に戦う」マジンガーZ VS ゲッターロボ
ほうほう、それは面白そうですな(爆)

>いやしょっちゅうゲームで対決してるし見る必要ないか。
というか、エヴァンゲリオンのATフィールドを突破できる
火力を有するガンダムとなると、限られてくる気がしますね~。

核級のN2系兵器を食らって、損傷軽微な使徒とか見ると
並のガンダムでは歯が立たない気がします。

でも、スパロボでは、精神コマンドとか使えば
結構貫通しますけどね(核爆)

>『ドラゴンボールVSサザエさん』
とりあえず、戦闘力5、ゴミめ!とか
言われちゃうんでしょうか?(爆)

でも、初期のドラゴンボールはコミカルな感じでしたし
あの辺なら、なんとかコラボできるかも、ですね。

新井戸ヒカルさんの数々の斬新な発想に
脱帽です(笑)

T×2さんや、その他の皆さんには申し訳ないですが、あまりいい作品ではないと感じました。

こんな事を書くのは場違い、KYと言われるかもしれませんが、批評もまた評価と言う事で戯れ言程度に聞き流して下さい。

映画というのは少ない時間でまとめなければなりません。それを踏まえればアニメ作品の制作の難しさが眼に見えてくるでしょう。しかもコラボ作品となれば、時間の壁は大きな敵となります。「時間が足りなかった」それがこの作品の一番の難点です。つまり、時間が少なすぎてお互いの作品の良さが活かせていないという事です。

まずコナンですが、お得意の伏線が少なく、その伏線の質も落ちています。

次にルパンですが、ルパンらしい華麗な泥棒や華麗に逃げるシーンなどが少なかったのが残念です。

まとめると、いろいろなものを詰め込みすぎた結果、肝心のいいところが入りきらなくなった。そんな感じです。

ここまで書いてなんですが、ルパンやコナンが大好きです。カリオストロの城は七回くらい見ました。

本当はこんな事を書くべきではないのかもしれないと、ここまで書いて送信をためらいます。苦情などは名前にリンクしてあるブログでいくらでも聞きますので、このT×2さんのブログに書き込むのだけは止めて下さい。

最後にもう一度、T×2さんや、このコメントを不快に感じた皆さんに深くお詫び申し上げます。

フィーロ・プロシェンツォさん、ご訪問&コメントありがとうございます。

フィーロさん、こんばんは(ぺこり)
お久しぶりのコメント、ありがとうございます。

>あまりいい作品ではないと感じました。
人は十人十色。

同じ作品を見た人の中でも、評価はわかれるのが
自然であります故、フィーロさんが感じたモノは
フィーロさんにとっての真実でありましょう。

ギネス企画においても、このブログにおいても
自分の信条に変わりはありません。

すなわち、万人の『個性』を認め、全ての人の
『自由』を最大限、尊重すること。

『発言の自由』と『表現の自由』は、万人に認められてしかるべき
権利です。

フィーロさんは、当然の権利を行使なされただけですし
自分は、その意見に一理あることを認めます。

>つまり、時間が少なすぎてお互いの作品の良さが活かせていないという事です。
そうですね。

コラボ作品に限らず、現代の作品(もしくは商品)は、納期と予算
スポンサーの意向によって、十分な時間と予算、そして作者の意向を
反映するのは、難しいであろうことも存じております。


慈善活動でない以上、これは、クリエイターなら誰もがぶつかる難題で
ございましょう。


もっとも、自分は、そうした事情の中
限られた時間、限られた予算、そしてコラボ作品の難しさの中で
よくぞこれだけの作品に仕上げたモノだと、逆に、評価させて頂きますが。

実際、こうすればもっと面白くなったかも、という思いはありましたし
ベタな展開は、よく言えば『王道』ですが、もう少しひねった展開を
して頂ければ、よりワクワクしたかもしれません。

また、自分が楽しめた要因に、記事で書いた通り
当初、まったく期待してなかった、というのもあるのは
確かでしょうしね(苦笑)

>カリオストロの城は七回くらい見ました。
傑作中の傑作であり、{映画監督スティーヴン・スピルバーグはカンヌ国際映画祭で本作を「史上最高の冒険活劇の一つ」と評し、特に冒頭のカーチェイスを「映画史上最も完璧なカーチェイス」と評したとの噂が存在する。(ウィキペティアより)}とされる、伝説級のエピソードがある
『カリオストロの城』と、比べるのは、酷でしょうし
比べてるつもりもありません。

作品の方向性が、まったく違いますしね。

自分は単純に、今後のコラボ作品の可能性を見せてくれた点を
評価したいと思いましたので、記事にしましたが
誤解を与える表現があったのでしたら、謹んでお詫び致します。


最後に、勇気を持って、自分の意見を述べてくれたフィーロさんに
心より感謝致します。

これからも、忌憚のないご意見、楽しみにさせて頂きますね♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 

 | ホーム |